最近のトラックバック

« 出来た! | トップページ | 空豆! »

しゃばけ 2013年5月12日 @新歌舞伎座

ここ数日アースノーマットのCMで浮かれていましたが、無事録画にも成功したので心置きなく観劇に向かいました。ちなみに帰って来て「サザエさん」「鉄腕ダッシュ」の2回録れていたのを見て幸せが2倍にhappy02
いい番組だ〜期待を裏切らないhappy01
ところで、15秒バージョンが録れてないんだけれど、あるよね?

引き続き頑張ります!


そしてしゃばけ。
新歌舞伎座は初めてだったんだけれど、2階の後ろの方でも座席が近いですね。
提灯があって和風な感じ。しゃばけはお江戸だからバッチリだけど洋物でも提灯はそのまんまなのかな?

しゃばけは原作が大好きで観に行こうかどうか迷ったんだけれど行ってよかったsign01
楽しかったです。笑いながら「ん?この笑いなにかと似ている…」と感覚を思い出していたんですが、
そう!吉本新喜劇(笑)
舞台では観た事はないですが関西のTVではおなじみです。
関西以外の方にはなじみがないかもしれません。
3月に観に行った三谷さんの「ホロヴィッツとの対話」とは笑いの質が違う。
なにが面白いか文章では表現するのが難しい。
「なにが面白い?」「だっておもろいやん」てな感じ。
間とか繰り返し、ゆるく気の抜けた笑い(役者さんが気を抜いているわけではありません。あくまで観客の力を抜く感じです)
大阪千秋楽だったからアドリブもたくさんあったことと思います。
でも初見だからどこまでが台詞でどこがアドリブかわからなかったwink
パンフを見るとギャグに対する演出はしつこい(演出の鄭さん本人曰く)らしいので、何気ないようでいて錬り込まれた笑いなのでしょうか。

沢村一樹さん演じる若旦那が40過ぎの設定だとか、とてつもなく強いはずの若旦那を守る手代の佐助と仁吉がへたれでギャグ担当だったり、若旦那の腹違いの兄さんが弟だったり、原作とは違う設定はあったけれど観終わった後の感覚は原作の読後感と同じ。
いや違うか…原作はあんなに笑わないwink
コツコツと頑張ろうと元気をもらえる舞台でした。

キャストはとにかく目立ったのは若旦那の母親役の麻実れいさん。
扮装写真をみたときからおたえ役にピッタリと思っていたのですが予想を超えるはじけっぷり(笑)マイクを持って歌うし〜オンステージ状態happy01
立ち居振る舞いがまた綺麗ですね〜
手代役のマギーさんと山内圭哉さんもテンポ良く面白い。マギーさんが今日お誕生日と山内さんに言われて観客から湧き上る拍手なんていうのもありました。

ちょっと辛口。
いつもストレートを観に行って思う事は音楽がやっぱり大切にされてない。
もちろんミュージカルと比べたらいけないのだろうけれど、やっぱり気になる。
録音だから音が平板なのは仕方がないとして、音がこもったり、歌詞が聞き取れなかったりするのはちょっと残念かな。
合唱じゃなくみんなで歌う感じ。
でも今回の舞台は楽しさのエネルギーがみなぎっていたからOKかな。

« 出来た! | トップページ | 空豆! »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1053310/51608691

この記事へのトラックバック一覧です: しゃばけ 2013年5月12日 @新歌舞伎座:

« 出来た! | トップページ | 空豆! »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

エリザベート

エリザベート検定

にくきゅう

無料ブログはココログ