最近のトラックバック

« お便り | トップページ | 迷子になったっ »

ロックオペラ モーツァルト 2013年2月23日マチネソワレ

ロックオペラモーツァルト観てきました。

マチネは中川くんがサリエリ、山本くんがモーツァルト。
ソワレは中川くんがモーツァルト、山本くんがサリエリ。
カテコで山本くんが言っていましたが、1日で役代わりするスケジュールは初めてだったそうです。東京ではマチソワでは同じ役をしていたらしいです。
演じる方は大変だったでしょうか、観る方としては1日で両方観れてありがたかったです。

ストーリーとしてはさらっと流れるのであまり考えずパフォーマンスを純粋に楽しんだら楽しい。音楽とストーリーがつながっている感があまり感じられず、ストーリーの間にショーがはさまっている感じ。
マチネは初見なのであちこちみるのが忙しかったけれど、だいたいの話の流れがわかっているのもあってかだれ気味に感じました。
最初中川くんのモーツァルトが観たくてチケットを取ったけれど、サリエリもよかった。そして山本くんのサリエリとモーツァルトもよかった。でももう一度観るとなったら中川モーツァルトと山本サリエリかな。

感想がうまくまとまらないので、ざっと感想を少し。
運命という役がよくわからない。どうしても動きのあるところを観てしまうので、立っているのは目に入るけれど、何だろう?と。
レオポルトにはいまいち気持ちが乗り切れなかった。
苦悩を意味するらしい2人のダンサーがかっこいい。
オペラのアリアを歌った歌姫もよかった。
ローゼンベルグ伯爵sign03面白かった〜

1幕目、プロローグのシーン、おーっわくわくするぞ〜日本語じゃないよね?、コロレド猊下ちっちゃcoldsweats01とか、モーツァルトがずっと歌っているけれどサリエリは全然歌わないな…あ、あの居酒屋のモーツァルトの歌かっこいい!1幕終わりのモーツァルトの歌これは好き!とか。
モーツァルトの母親が亡くなった後にモーツァルトが床に崩れてスポットライトがあたっていると私の耳には「残酷な人生」のイントロが流れてきたりしてどうしても東宝のM!とかぶってしまうなぁ。

2幕目、中川サリエリが歌うと、劇場の空気が変わった。空気がまとまって大きな奔流になって中川くんに集約する感じ。こういうのがあるからライブにいっちゃうわけです。(ちなみに彼のお方では空から体中に激流が降り注ぐ感じ。歌によっては体中にしみ入る感じ。あと歌声と一緒に身体を離脱して空気中に溶けて行く感じもあるなぁ…wink

ソワレの中川モーツァルト。
しょっぱなから「きゃいきゃい、きゃぴきゃぴ」していて思わずふふっと笑ってしまった。1幕の終わりが「おおーっsign01吼えたーっsign01きゃーっsign01」で終わるからテンションが上がって爽快感。2幕だったかな?一瞬中川くんがセクシーに観えたときがあった。

観おわった後の高揚感、これが醍醐味ですね〜
ストーリー展開はもう少しなんとかならんか?と思うけれど、観終わって楽しく帰れるのはいいね!
久しぶりに中川くんの歌声を満喫して満足でした。


そしてM!が観たくなった。
おっきい猊下とクンツェさんの脚本とリーバイさんの音楽。

« お便り | トップページ | 迷子になったっ »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1053310/49625855

この記事へのトラックバック一覧です: ロックオペラ モーツァルト 2013年2月23日マチネソワレ:

« お便り | トップページ | 迷子になったっ »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

エリザベート

エリザベート検定

にくきゅう

無料ブログはココログ