最近のトラックバック

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

フランス招聘版ロミオとジュリエット 2012年10月27日マチネ

全く何の予備知識もない真っ白な状態で行った久しぶりの観劇でした。

キャストも全然わからない状態だったので、幕間にロビーで流れていたモニターのR&Jの映像を観てジュリエットが違うと気がついたのでした。
パンフで確認すると、代役の方でした。
でも何の違和感もなかったので、これまでにも何回も公演をしているのかな?

まず全体的な印象から。
歌は歌、ダンスはダンスと完全に分離しているんですね。
ダンサーが踊っている前を舞台を右に左に移動しながら歌っている姿はシンガーとバックダンサーみたいでした。
と思ったらパンフのキャスト表ではしっかりとシンガーとダンサーとなっていました。
シンガーのキャストが歌いながらお芝居をしているもう一方では、ダンサーのキャストが振り付けを一部シンクロしてダンスで表現していたり、キャピュレット家とモンターギュー家の争いをダンスで表現していたり。
ダンサーはアクロバットみたいなダンスをなんの特別なことでもなくさらっとしていてなんと贅沢。

そして死。
言葉を発することなくダンスだけで表現しているのですが、ひらひらと付かず離れず時には不気味に見える死。死神とはまた違うのかな?死のイメージなんでしょうか?
ロミオが不安を訴える歌の間もロミオにまとわりついてロミオの不安がよりリアルに感じられました。
でも一番驚いたのが、最後ロレンス神父からの”ジュリエットは亡くなっていないとロミオに知らせる手紙”を死が使いの手から奪って粉々にしてしまうところ。
暫し呆然としてしまいました。
手紙の筒をふっと吹いて白い粉がでてくるところ、言葉が浮き出て空中に飛び散ったように思えました。さらにびりびりにやぶいてしまう。
明らかな悪意と感じられたのですが、これを死がする理由ってなんなんでしょう?

この死が存在することによって悲劇のラブストーリーという面がかなり薄められているように感じられました。

キャストについて。
一番おぉーっと思ったのが大公のステファヌ・メトロ
1幕初めのソロでの存在感が半端ない。
好きかも〜存在感のあるおじさんwink
カテコでも最後にオープニングの曲を歌い客席を煽って、ミギ、ヒダリ、ミギ、ヒダリと観客の手の振り方まで、支配してましたhappy01
声を出して欲しかったようにみえたけれど、日本人にはなかなか難しいのよ…と心の中で思っていた私。
どのキャストもそれぞれ個性があるけれど、安心して聴けます。カテコでキャストがリレーのように歌った曲があったのだけれど、がたっとそこだけ弱くなるなどということはなくそれぞれ味わいがあってよかったです。

ストーリーについて。
消化不良でもひとつうまく理解が出来ていないです。
もちろんロミオとジュリエットの愛があるのだけれど、そこにポイントを置きすぎてないように思えました。なのできっとそうみえるのだろうと思っていたバカップルにはみえませんでした。
かといって争うことの愚かさにポイントを置いていたようにも感じなかったし、う〜ん…
ロミオとジュリエット両方とも現実の置かれた状態に不安や不満を感じていて、それを両親は理解してないというのは感じました。
でもキャピュレット夫人が娘のジュリエットに「私は結婚して泣き暮らしたのよ。女とはそういうものだからあなたもそうするのよ。」と結婚を勧めるって?
それで納得できるもんなんでしょうか?
もし日本版にこの場面があったら(観てないのでわかりませんが)「親の決めた人と結婚するのが長い目でみたらあなたの幸せだから、」という説得の仕方をするんだろうな。それもそれだけれどね。

大人たちのエゴや争いにロミオとジュリエットだけじゃなくティボルトやマーキューシオも犠牲になったということ?かな。
いろいろ?はありましたが新鮮な刺激をうけていろいろ思いを馳せた観劇でした。

我慢…

来る3月放映のドラマ「極北ラプソディ」に向けて下調べ中です。

先にドラマを観てから小説を読もうと決めているのですが、本屋さんにいくたびについ手にとってしまう今日この頃、本当に我慢出来るのかなぁと不安です。
以前北村薫さんの「ビスケット」が放映された時に、その前作の「冬のオペラ」を先に読んでキャラが出来上がっていたために何やら違和感(泣)があったので今度こそはドラマを観るまで我慢です。
基本的に活字からアクセスすることが多いために文章から自分でキャラを作ってしまうらしい。でもドラマの始めの楽しい場面heart02とか、最後の和服での謎解きsign01のところとかはそれらはふっとんで沸騰してみてましたがhappy01
ドラマで祐一郎さん=ドクター速水を頭に刷り込んでから、小説を読んで妄想するんだwink
海堂尊さんの作品は未読なのですが、それぞれの作品がリンクしているみたいで、祐一郎さん演じるドクター速水もたくさんの作品に出ているみたいです。
時系列から読むか、刊行順に読むか。どの順に読もう?
それも悩みの一つです。
でもやっぱり刊行順かな…
スーパー外科医としての活躍を読んだあとで大学生の速水くんを読もう。
きっと楽しいぞ〜大学生の祐一郎さん〜happy02

えいっ!と

FCイベントの申し込み、えいっと出しました。

結局時間に遅れないことを一番に考えて、後はなんとでもなるさ〜bleah
第一希望が外れたら祐休で行くぞーっと。
行けない時もあるんだから、行ける時は行っとかないとねっsign01

楽しい悩み♪

FCイベントど〜しよ〜

当然土曜日がいいんだけど、時間が微妙なの〜
ついこの間のエリザ楽の時の新幹線の遅れも記憶に新しいし、もう一つ不安なのは初めての場所に行く時は必ず迷う強度の方向音痴。
余裕をもっていきたいけれど、始発に乗っても間に合わない。
土曜日の後の部だと帰りつけるだろうか?
いっその事泊まってかえるとか?
祐休とって平日とか?
う〜ん、悩みは尽きないよ…

すぺしゃるな日!

山口祐一郎さん56回目のお誕生日おめでとうございますsign03

いつも劇場で、元気の源をもらって帰っています。
その磁力に吸い寄せられて気がつけば劇場に通うことが日常になっていました。
そんな生活が非常に楽しいhappy01
年齢を経てますます輝き続けているのには、たゆまない努力の継続があるんじゃないか?と常々思っているのですが、今期のエリザベートでその思いを新たにしました。
今までなんともなかったシーンが今期急にツボになったりするのは毎回どこか変えて来ているのでしょうね。
そしてこれは年齢は関係ないけれど、そのギャップ萌えhappy02
いつまでもその不思議な言動でファンを振り回して下さいねheart04

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

エリザベート

エリザベート検定

にくきゅう

無料ブログはココログ