最近のトラックバック

« 12月12日 帝劇モーツァルト! その1 | トップページ | 1月18日 梅芸モーツァルト!マチネソワレ その1 »

12月12日 帝劇モーツァルト! その2

そして猊下
♪どこだモーツァルト♪のイントロが始まると、条件反射でシャキーンとします。
このあたりはまだ猊下にお会い出来た喜びで良く覚えてませんcoldsweats01
「わぁーい猊下だnote」と思っていたような・・
以前ほどエキセントリックじゃないような感じがしました。
少々リズムをマントの影で刻んでいたようなwink

馬車のシーン。
ここでなぜか「俗物」という言葉が浮かんできました。
なんでだろう?
どこかが変わったという訳ではないような気がするんだけれど、モーツァルトという天才を所有し、コレクションすることで世間の羨望をうけて満足するというところが、いやらしく(エロチックの意味ではないです〜)感じられました。だって本当にほくそ笑んいるみたいなんだものwink
神の摂理と言いながらもその都合のいい俗物感が好きです。

トイレシーンはいつもながらなんと悩ましげな声bleah
そのうちどんどん暴走するんだろうか?
今ぐらいのほうがいいな…
ribbonは思っていたより大きかった〜
髪を束ねるんじゃなくて、束ねた髪にちょんとつけている感じです。
幕間に出会った祐友さんにききましたが、以前より大きくなったそうです。何故に?
衣装とお揃いの金の刺繍のあるリボンでした。

お取り込み中の猊下
トイレシーンの方がエロチックに見えるcoldsweats01
紫のガウンを着せてもらってすっと立った姿が細いな〜

♪神よ何故許される♪
レオポルトが新たなる天才と言うと興味をひかれる猊下ですが孫だとわかると、目を見開いてお怒り?失望?されます。あんなに怒りモードでしたっけ?
そのわりにはそのあとの歌はさほどお怒りモードではありませんでした。
少し叫んでいたけれど、あまり激しくもなかったです。

« 12月12日 帝劇モーツァルト! その1 | トップページ | 1月18日 梅芸モーツァルト!マチネソワレ その1 »

観劇」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~

猊下のおリボン進化しているのですね!(笑)
大阪では超特大になったりして!(爆)・・・そんなことはないか(笑)

神何故のお怒りはいろいろパターンがありますよね。
大噴火~みたいなのとかふるふるきてるのとか・・・
今日の猊下のお怒りはどんな?というもの観る楽しみの一つになってます♪

あ~わたしも早く猊下にお会いしたいです。

超特大のおリボン・・・って猊下自身が巨大なcoldsweats01プレゼントみたいですね〜
色も赤と金だし季節柄そ〜んな妄想をしてしまいますhappy01

神何故のお怒りそういえばふるふるきてるのありましたね〜
今回は一度きりだったので、お会いできた嬉しさがあふれでて実はあまり覚えてません。

>あ~わたしも早く猊下にお会いしたいです。
わたしもしかられそうですが、「今すぐに!」でもお会いしたいです〜〜

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1053310/38083652

この記事へのトラックバック一覧です: 12月12日 帝劇モーツァルト! その2:

« 12月12日 帝劇モーツァルト! その1 | トップページ | 1月18日 梅芸モーツァルト!マチネソワレ その1 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

エリザベート

エリザベート検定

にくきゅう

無料ブログはココログ