最近のトラックバック

« 9月20日帝劇エリザベート マチネ その2 | トップページ | 9月20日帝劇エリザベート マチネ その4 »

9月20日帝劇エリザベート マチネ その3

♪闇が広がる
冷たいトートです。ここの目が恐い。
ちょこっとルドルフなどひねりつぶされそう。
やっぱりルドルフは単なる駒なんですね…
伊礼くん、もう少しがんばってくれたらうれしいです。
そしてこのあとのカフェのところ、新聞を広げたまま歌いだすんですね。
まるで天気の話をしているかのごとく、なにげないふりして煽動するトート閣下です。(←悪いヤツ)

そして噂に聞いていた独立運動のダンス!
ほんとにキレがあるじゃないですかsign02(←あくまで当社比coldsweats01
前期公演の時は、「頑張ってはるな〜」と思っていた動きがちゃんとダンスに見えました(←非常に失礼)
前期公演の時に「あ、横っ飛びした」などと思っていたのにちゃんとジャンプしてました(←ほんとに失礼)
トートダンサーの中で踊っていると、一人だけ(レコードの)回転数が違うように見えたのに!
古いたとえですみません…
ルドルフをぶん投げるとき、以前は脳内で勝手に「とりゃぁー」と効果音をつけていたのに!
いたってスムーズ。
スリムになったから?それともトリプルキャストだから余裕があるから?
前期公演の時はマチソワとかありましたものね。

♪悪夢
おもしろいからちょいちょいと人間をいじくって遊んでいる黄泉の帝王。
フランツが渾身の力を込めて抵抗してもどこ吹く顔です。
超越した存在を強くかんじました。

だからか、最後シシィを棺におさめるときトート閣下のコレクションという感じがしてなりませんでした。
トート閣下の歴史のほんの1こまみたいな。

もともと、人間を超越した存在を感じさせる祐トートでしたが、今回はさらにそれを強く感じ、でも時にはシシィと裏表の存在を感じさせるところが垣間みれる、絶妙のバランスだと思いました。
まだまだ進化する祐トートが観れて非常に嬉しいです。

« 9月20日帝劇エリザベート マチネ その2 | トップページ | 9月20日帝劇エリザベート マチネ その4 »

観劇」カテゴリの記事

コメント

レポありがとうございます!
その2、その3を読ませていただきつつ舞台の記憶を甦らせていました。

シースルーにうなじ・・・衝撃ですよね!!私もあの後ろ姿を見つつ羽ペンを見逃さないようにするのに一苦労してます(笑)

“まだまだ進化する祐トート”
ホントにそうですね!!こんな祐トートを観れるとはまったく思いもしませんでした。予想・想像・期待を遥かに超えた素敵すぎる祐トートに完全にノックアウトされてます(笑)

そうですよね〜
しばらくの間、目に背中の残像がちらついて大変でした。
あの短い時間に見るチェック項目がまたまた増えましたwink

10年かけてトートを演じてこられて、さらに深めていっているんだなぁと思うとあらためてその情熱に感服します。
そしてそんな祐トートが観れて幸せですhappy02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1053310/36876241

この記事へのトラックバック一覧です: 9月20日帝劇エリザベート マチネ その3:

« 9月20日帝劇エリザベート マチネ その2 | トップページ | 9月20日帝劇エリザベート マチネ その4 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

エリザベート

エリザベート検定

にくきゅう

無料ブログはココログ