最近のトラックバック

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

三銃士CD到着!

amazonで購入しました。

とりあえずざっと通して聴いてみました。
やっぱり録音がいいな、、、
聴きごたえのある曲が多く、わくわくしました!
詳しい感想はまた後日に。

しばらくの間エリザベートを観に行けないので、エリザがすっかり遠くの話となっています。
現実みを帯びないので遠くの世界のことみたいです。
で、三銃士に現実逃避sign02
でもそう言いながらも、エリザ関係雑誌はもちろん購入coldsweats01
きっと同じ時期のインタビューだから全て同じ内容なんだろうなと思いつつも、きっとすべて買っていることでしょう。

BEST STAGE 9月号、LOOK at STAR 9月号。
言葉の選び方が同じじゃなかった、です。
チャーミングを多発とかcoldsweats01はなし。
写真もいい感じですheart02
写真はLOOK at STARの方が好みかなwink

クンツェさんリーヴァイさんの世界観を語る言葉が印象的でした。

発表〜〜

毎日ニュースがない、公開稽古にも祐一郎さんの写真がないなどとエリザのCDを聴きながらぶつぶつ申しておりましたが、あっと言う間に情報パニック状態noteheart02になりました。

東宝公式サイトでレミゼラブルと三銃士の発表がありました。
レミの続投、嬉しいnote
キャストがかなり変わってますねsign01

でも何よりshine新作shine
期待が高まりますup
パイレートクィーンの時のように、アクションを心配しないでいいしcoldsweats01楽しめる作品のようだし、しばらくは三銃士を勉強することで乗り切ります。

You Tubeで検索しましたがかなりたくさん動画があるんですね。
久しぶりに原作も読んでみますかhappy01
小学生のとき読んだきりです。たぶん(笑)

クリエミュージカルコンサート 6月26日マチネ その2

ほっと気がぬけたのと、忙しさにおわれて半ばネット落ち状態でした。
すっかり世の中に置いていかれた感はありますがレポの続きを。

衣装をつけてどっぷりMAの世界に浸った1幕と違い、衣装はなくエリザベートとモーツァルトとレベッカのおいしいところがてんこもりのshineきらきらshineな2幕でした。

まずはエリザベート。
♪私が踊る時で、下手からすーっと登場する祐一郎さん。
うわっ本当にスーツだ。ハンドマイクだ。
テンションがぐいーっupと上がって口元がにんまりほころんで・・
えっ、いやトートだ。スーツ姿だけどトートだeye
途中で腕組みするのだけれど、つい先日までマキシムで見慣れていた腕組みじゃない。表情がトートなんだと感動heart04
歌い終わったあととーっても嬉しそうな祐一郎さん。
また一路さんと歌えて嬉しいんだろうな。
エリザを一緒に創って来た同士だもんねwink
はける時一路さんとハイタッチして手をぎゅっとにぎってはけていってました〜

♪ミルクの今さん熱いな〜
でも扇動者というよりか自らが先頭きって走っていきそう
王宮前広場へ(って役違い)

サブリナの♪星から降る金
心の片隅で大丈夫かな?と不安を抱かずにきける♪星から降る金。
サブリナと、禅さんと祐一郎さん。
この3人は劇場を満たして震わしてはちきれそうな歌声だったsign03と思う。
ただ、キャラ的にはヴァルトシュテッテン男爵夫人というよりコンスタンチェかな?

パトリックの♪僕こそ音楽
パタパタパタと登場して子供っぽい無邪気な感じ。
橋を渡るようなふりをしながら歌も天真爛漫な感じ。
パトリックカテコもお茶目でしたね〜
サブリナにもう行くよとばかりにひっぱっていかれてはけても、またまた登場したりしてhappy01

レベッカはダンヴァース夫人の独壇場〜
2人のダンヴァース夫人がそろいぶみしたところではついついこころのなかで真ん中にちひろちゃんを加えてしまい、「怖っ」と。

♪闇が広がる
『まずトートが歌いだしてそしてルドルフが
えっ、禅さん?声が若いsign03
ついさっきルドルフの父親でしたよね。
すごい禅さんやっぱりカメレオンだhappy02
ルドルフしているよ〜』
と闇広中のわたしの心の声。
いままで聴いたことのない闇広でした。
若いんだけれど、はかなげではない。かといってトートと対等でもない。
祐一郎さんに禅ルドルフと歌った感想をぜひ聞きたいものですwink
なんだかすごいものを見せてもらった気がするなぁ。

一路さんの♪私だけに
武岡さんに最初紹介されるときに、ディーバと紹介されていたけれど、一路さんが歌っているのを聴いて今回あらためて一路さんは女優だと思った。
懐かしいエリザがそこにいたと思う。
コンサートの何時の日かのトークで祐一郎さんが、このコンサートで歌うにあたって(トートとかコロレドとかカリオストロとかの)役が体の中にはいっているんだなぁと感じた。(ものすごーい意訳です)と言っていたというのをきいたけれどそれと同じで一路さんもシシィが体の中に入っているんだろうなと。

そして♪最後のダンス
えっ、なにこれ、ささやく祐惑heart01
うわぁ〜と思っていると途中から全開upup
全身の血液が逆流するかと思いましたhappy02
クリエのこの空間で聴けてよかったsign03
もおっsign03それにつきるheart01

そして難解暗号トーク
武岡さんに「今日お気付きの点わかった点(だったかな?)などございましたら」とふられて「わかった?わかった?」とつぶやきながら「ほっんとに、ほっんとに」を連発。
そのままひっこみそうでしたが武岡さんに引き止められて、「ランチが、ランチの時間が」と言いながら(お腹空いてたのかな?)早く引っ込みたさそう。
「僕の10年はこの4作品のみだった」みたいなことを言って、
「この間伝統芸能?の方に中身がない方が(役になれて)いいと言われて、そっか、僕の中身が何もないからいけるんだ」と思ったと。
そう言って一刻も早く引っ込みたそうにはけていきました。
武岡さん「わたしにはわかりませんでした…」と言われてましたsmile

一度にこんないろいろな要素をつめこんでありありと舞台が脳内によみがえってくるコンサート、また観たいです。
キャストの方々にも余裕をもって出来るようなスケジュールで。
本当にたいへんだったろうと思うけれど、そのなかでベストの状態のものを見せてもらったと思います。
観れてよかった。
ほっんと(笑)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

エリザベート

エリザベート検定

にくきゅう

無料ブログはココログ