最近のトラックバック

« クリエ ミュージカルコンサート | トップページ | いつのまにか6月 »

4月10日 帝劇レベッカマチネ その3

2幕初め
中日で最初に観た時、ドアがかなりな勢いで去って行くのを見ておどろいたけれど、そのあとどんどん舞台セットが動いて消えて行く舞台変換はとても好きです。
クリエ版の同じセットをいろいろ工夫して観客の想像力にゆだねてみせるというというのも好きだったんですけれどね〜wink
どちらにしてもここの階段を使った演出は追いつめられて行く感じがしてとてもいい。
スポットライトがぐるっとまわって集束して行く照明も好き。

そしてダンヴァース夫人がわたしに向かって飛び降りるようにささやくシーン。
わたしがいなくなると「だんなさまもほっとする」というのは、わたしの核心をついた台詞だなと改めて思いました。
もちろんわたしが自分自身に自信が持てないとか、耐えきれないとかという感情があるにせよ、最後にわたしの背中を押そうとする言葉が、『マキシムを愛するがゆえ、迷惑にならないように消えてしまったほうがいい』というのはわたしの愛の本質をつく言葉だなぁと。

♪凍りつく微笑み
この曲はすでに語られる事実がわかっているのにいつも何故か心拍数が上がるhappy02
これを歌うときはものすごいエネレギーを使うんだろうな。
聴いているだけで、エネルギーを使うもん。
でも途中で、「どーやら、」ところで『ふふっ』と一息ついているのはわたしです。
そして最後にわたしを抱きしめるときの手の位置が下がった?のかな。
よりすがりつくように見える様になったと思う。
マキシムが孤独でなくなった瞬間shine
中日ではライトがついたまま立ち上がっていたけれど、帝劇ではライトが消えてから立ち上がっていくようになったんですね。
うん、このほうがいいなnote

♪女は強くなる
いつもなんてバランスのいいデュエットなんだろうsign01と思うのですが、今日はわたしの方がやっぱり強かった。

♪持ちつ持たれつ
今日はなぜか華麗に踊るファヴェルを見ながら妄想してしまいました。
ファヴェルは階級的には中間階級ぐらいになるのかな?
でも友人や親戚に有閑階級がごろごろいて『なんで俺だけ』なんていう気持ちがあるんだろうなーと。
本人もささやかな望みと言っているけれど、キャビアにシャンパン、カジノでギャンブル、マキシムにとったらほんとささやかな望みなんだろうな。

でここのベン
心情的にはわたしの味方なのに自分の意志に反して真実をぽろっと言ってしまいそうな不安定感は治田ベンのほうがより強かったように思う。それがより強い緊迫感を出していたと思う。

レベッカの真実
ここで、マキシムの心情はどうなんだろう?
初演では、「わたしをみちづれにしたかったのだ」とつぶやくマキシムからは憐れみが感じられた気がしたのだけど…
うーんいまいちわかんないな。

♪夜を越えて
ここのバランスがいまいちもうひとつ。
なんだかもの足りないんです。

全体的により初演よりわかりやすくなったように思われました。
劇場空間が大きくなって演出もよりわかりやすく変えられたというところにもよると思うし、また祐さんがSANKEI EXPRESSで言っていたように、キャストが初演でクリエで3ヶ月間公演をした、役が深まったというところもあると思う。

ほとんどレポになってないのですが、ついついレベッカは深層心理をあれこれ考えてしまう。
そこが面白いところだと思ってます。

祐さんの第二のお誕生日(と勝手に思ってますcoldsweats01)の舞台デビューの記念日に観れて幸せでした。
本当に出会えてよかったsign03と盛り上がってかえってきましたhappy01

« クリエ ミュージカルコンサート | トップページ | いつのまにか6月 »

観劇」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~

レポありがとうございます♪
初演よりはわかりやすくなった、と思われた今期のレベッカですが、やっぱり観れば観るほど奥が深そうですね!
中日劇場とはまた違った帝劇レベッカ、私も来週ようやくマイ初日です(笑)

「エリザベート」「クリエミュージカル・コンサート」はどの日に行こう・・・どの日に行ける?とホントに悩みが尽きないですねーーやっぱ遠征組はツライですね。。。(涙)

こんばんは〜

来週観にいかれるんですね〜
帝劇版レベッカ楽しんで来て下さいね♪
そうそう、以前言われていたマキシムの新聞、壁だけじゃなく、ついたてにもなってましたflair
だって新聞越しにちらちら"わたし"を見ているんですもんwink
レポ楽しみにしています!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1053310/34215868

この記事へのトラックバック一覧です: 4月10日 帝劇レベッカマチネ その3:

« クリエ ミュージカルコンサート | トップページ | いつのまにか6月 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

エリザベート

エリザベート検定

にくきゅう

無料ブログはココログ