最近のトラックバック

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

周回遅れになりつつあるかも…

どんどん新しい話題が出て来てついて行くのがやっとな毎日です。
ヴァンパイアブログも次々とアップされて、楽しく拝見させて頂いてますhappy01(リーくんリー子ちゃんありがとう!)
壁紙も早速ゲットして大きくなった伯爵を見てテンションあがりっぱなしheart04になりつつあります。

そういえば、初演のときポスターを販売していたことを思い出しました。
ソワレ観劇後に見つけて発作的に購入したのはいいけれど、翌日マチネを見てから帰宅予定だったのでこのなが〜い物体をどうするべきか?と思い悩んだことがあったようなsweat01
今回もポスターでいいから(大きいけれど)販売して欲しいなnotes←でまた悩むのか^^;

更にレミのイベントや、パイレートクィーンのHP更新、帝劇レミの予定に、博多座Vの予定、帝劇PQはどうしよう・・頭の中がごちゃごちゃしていましたが更にレベッカ梅芸公演のお知らせが〜〜(梅芸Hpより)
もはや脳内カーニバル状態\(o^-^o)/です。
でもまたしても公演日程が短いうえに、初日はわたしは関東方面に出没する予定なので行けないじゃないか(←勝手) 
何故に肝心な時にわたしは居ないのかweep

何時行けるかな?いや今考える話題ではないと重々承知はしているのですがもはやとまりません。
もうすぐヴァンパイア帝劇初日、CDを封印してmy初日に備えなければ、考えることがありすぎてパンク寸前です。

でもこれは嬉しい悲鳴happy02ですよねwink

リー子ちゃんありがとう!

レプリークを買い求めに本屋に走り最後の一冊を握りしめてほっとしたり、PQの東京公演の申し込みはどうすべきか?と悩んだりしているうちに、Vのブログはどんどんアップされています。
ほぼ毎日見れるのは嬉しいのですが、ブログをアップされているかたも大変じゃないのでしょうか?

おかげで新しいキャストの方々のインタビューをみて想像をふくらまし、シルビアさんのマクダに男前+かわいさを感じてワクワクしたり。
阿知波さんのレベッカを見て、あのパワフルな歌声を思い出したり。
頭の中もどんどんアップされていってます。

でもリー子ちゃんの伯爵さまファンにターゲットをしぼった小ネタ、"うーんどうだか"と思いつつも、想像?妄想?してしまうファンの性sweat02です…
ぜひぜひ伯爵さまだけでなくいろんな方の小ネタをお願いしますnotes
稽古場レポの写真で舞台の詳細を思い出し、小ネタ集でふふっと笑う、忙しいだろうけれどリー子ちゃんよろしくね〜wink
そしてわたしは理性と日々戦いながら空席情報をチェックしている毎日です(^-^;

リーくん日記

リー子ちゃん次々と日記の更新ありがとうsign01
毎日見るのが楽しみで、日々の糧となりつつあります。

フィナーレの振り付けを見ると、脳内で音楽がよみがえってきます(いや、毎日のように聞いているのですがsweat01
ポーズがきれいshineですね〜
ヘルベルトさまも、艶かしいですwink

キャスト紹介の禅さん、緊張されていますが、「頑張ります!」が力強いですhappy01
写真撮影の動画で、もはや可笑しくて可笑しくて期待ではちきれそうです〜

写真を見ていると、自然に脳内で音楽がつけられて、舞台がよみがえってきます。
初演もブログでどんどん盛り上がってきましたよね!
こんなに更新が多いとすぐにヒートアップしそうな予感smile
ちょこっと伯爵さまのエピソードを入れてくれるのがまた嬉しいhappy02

そして演出の山田さんのブログにも伯爵さまが。
空前絶後のheart04ロングトーンheart04
想像するだけで貧血になりそうです★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

シラノ 6月6日マチネ

行ってきました。久しぶりの観劇、久しぶりの梅芸。
オケの音合わせが始まって、すうーっと客電がおちて行くその瞬間が大好きです。
あ、シラノはオケピがないのですね。舞台袖にあるのかな?座席1列目がありました。
そんなにオケが薄くは感じなかったのですが、編成は少ないはずですよね。
フルート(多分)で始まる曲(場面は思い出せない)が印象的でした。

鹿賀さんのシラノには"軽妙洒脱"という言葉がぴったりです。
独特のスイングするような節回しで、語る語る・・
台詞を覚えるのは大変なのではと思うくらいの膨大な量です。
テンポよく、笑いの間もいいのですが、言葉の量が多いせいもあるのでしょうが、歌が聞き取りにくいところが残念でした。
台詞のシーンの方がいいです。
特に2幕の終わりは素晴らしかった。
シラノの生き様、心意気というものがじんじん伝わって来ました。
自分は自分というメッセージには弱いのですcoldsweats01
一度原作を読み直して観るとさらに理解が深まるのじゃなかろうか?と読んでみたくなりました。
メイプルの葉っぽい大きな葉がはらはらと落ちるシーンは綺麗で、はらはらと落ちた後は一枚づつひらりひらりと落ちてそれぞれの人生のようにも思えました。

ロクサーヌの朝海さんはエリザよりロクサーヌの方が似合っているように感じました。
朝海さん、独特の存在感がありますね。
歌もエリザほど気にはならなかったです。むしろクリスチャンとのデュエットなどは朝海さんのほうが際立っていました。

クリスチャン…やっぱり浦井くんで観たかった…
申し訳ないけれどときどき変換してしまいました。

ル・ブレの戸井さん安心感、安定感がありました。

ラグノーの光枝さん声はもちろん好きですが、場の雰囲気をまとめるのがうまい。
ラグノーの店でのシーンは楽しかったです。

ド・ギッシュ伯爵の綜馬さん。
もっと歌を聞きたかった…ロクサーヌとのやりとりは面白かったです。
ちょっと仰々しい仕草が面白い。

アンサンブルの方々も豪華で、ガスコン青年隊の歌は非常に聞きごたえがあり、これぞミュージカルの醍醐味だなと。
また機会があればみてみたい作品でした。

リーくんブログ

今日シラノを観に出かけていて、出先で、ダンス・オブ・ヴァンパイア公式ブログに歌稽古の写真があると知り、帰宅早々ブログをチェックしました。
おぉsign01伯爵さまの姿が〜
くつろいだ感じで、小首をかしげつつ流し目っぽく見えるお姿が〜
久しぶりの写真でこころはワクワクheart04
着々と近づいている実感がしてきましたnote
長旅の疲れも見せず、精力的に稽古場に潜入してくれて、リー子ちゃんありがとうsign03

へっぴり腰の浦井くんとか、情けなそうな顔の泉見くんとか、ちょっと腰のひけた禅さんとか、皆さん衣装じゃなくてもしっかり役がみえてきます。

祐一郎さんはマイボトル&靴派なのねとか、ちひろちゃんの楽しそうな顔とかシルビアさんの笑顔などなど。いろいろ見どころがたくさん。
和気あいあいとした雰囲気ですね。

鬼が笑うといわれても…

手帳に(祐一郎さんの)公演日程の予定を書きこみながらもの凄いスケジュールだなぁとしみじみと。
これでスケジュールにあがってこないお稽古の予定をいれると、実際お休みなど皆無に等しいのではないのかな。
ご本人はいつか「そのほうがいい」といったようなことを言われていたように記憶していますが、体調を崩されないことだけを願っております。

そしてふと冷静に見ると、書き込まれた予定を見ながら1年先の自分の予定を考えていること自体、奇妙なことに思えてきました。
『いいのだろうか?これで』という声が、ふと聞こえてくるのでした。
でも帝劇レベッカのお知らせの画面を見ながら「いくの?」と聞かれて「もちろん」と即答した直後、『即答はまずかったかな?政治的配慮に欠けたかも…、行きたいなぐらいにとどめておくべきだったか…』と思いをめぐらしている間は、時たま疑問をいだきつつも元気に劇場に通っていることと思います。

でもいいかbleah
今日一日shineレベッカ効果shineで元気にお仕事出来たしwink、確実に元気の源になっていることを実感してます。
祐一郎さんも元気になってもらうためなら何でもやりますと言われてましたhappy01
その言葉通り、行く前から元気になってます(o^-^o)

レベッカ帝劇

レベッカ帝劇発表されましたsign03
こちら

2010年4月7日から5月24日まで。
待望の帝劇バージョンです。
クリエバージョンの一体となった緊迫感も残しつつも、圧倒的なスケール感を楽しみnotesにしています。
3月名古屋はもうすでに、帝劇バージョンてことですよね?

キャストは、ダンヴァース夫人がシルビアさんと涼風さんのWです。
ダンヴァース夫人はもうシルビアさん以外想像ができなくなっているのですが、涼風さんはどんなダンヴァース夫人になるのでしょうか?
写真を見る限り、可愛く見えてしまいますが、ただこればかりは実際観てみないとねwink

1年近く先の(わたしのcoldsweats01)予定が次々と決まって行きます。
いいのかこれでと時々つっこみたくなっています(^-^;

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

エリザベート

エリザベート検定

にくきゅう

無料ブログはココログ