最近のトラックバック

« エリザベート 1月27日 マチネ  | トップページ | エリザベート 2月2日 千秋楽 カテコ »

エリザベート 1月27日 ソワレ

ソワレは、楽しみ♪にしていたセンターブロック前方席でした。
今回祐トートと自分の行ける日でチケットをおさえたら偶然にも1度きりになってしまった朝海エリザです。

まず初見の朝海エリザ。
事前に聞いていた通り、歌が不安定で『ん?』と思うところがありました。
私だけには頑張ってはるのはわかるけれど…
でもビジュアル的には好き。
顎をツンと上げる仕草や、子供的な私は私という自我意識が感じられるところはいいなと思いました。
そしてそんな朝海エリザに対する祐トートの反応が面白いwink、新鮮でした。
あまりにストレートな反射的にも思える死への強い拒絶。
でもそれはエリザの漠然とした不安の裏返しなのかな?と思いました。

そして本日のトート閣下。
最後のダンス、マチネと違っていつもと同じ歌い方でした。
これが聴きたかったheart02
ひょっとして調子悪い?と心配したのに〜
力を込めてハンドパワーで操り、ひらっと裾を翻して去って行きましたhappy01

そして一番面白かったのは、私が踊る時。
トートの朝海エリザに対する態度は"わがままを言っている愛しいだだっ子を見る目"のように感じました。
今までどのエリザでも感じた事のないことです。
そしてこころなしかトート閣下嬉しそう?
ここ、もう一度観たいな…

微熱では、思いっきりトートを突き飛ばす強い拒絶するエリザに驚きました。
そんなに激しく拒まなくても…
トートが可哀想weep←この感想間違ってますかsweat01
そのあと出て行くトートの足取りがよろよろしていた様に見えました。がっくしという感じ。
あぁ…不憫です。
でもあの拒絶の仕方って、直感的にいや!というような反応に思えました。

独立運動のダンスは目の前で「とりゃーっ」とルドルフを投げ飛ばす頑張っているトート閣下を見れてうれしい。
その後フランツとルドルフの会話の場面で、舞台奥で佇んでいるトート閣下。
御髪が乱れて3パートにパカッと割れてました。
ちなみにマチネは2パート。
それがどうしたと言われそうですがcoldsweats01

本当に幸せな気持ちになって帰路につきました。
まだ頭の中でぐるぐるいろんなナンバーが聞こえていて、ふと気がつくと時折口ずさんでいます。
多分もう一回観れる予定なので(行けるかな?)心して観ようと思っています。

« エリザベート 1月27日 マチネ  | トップページ | エリザベート 2月2日 千秋楽 カテコ »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1053310/27553063

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベート 1月27日 ソワレ:

« エリザベート 1月27日 マチネ  | トップページ | エリザベート 2月2日 千秋楽 カテコ »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

エリザベート

エリザベート検定

にくきゅう

無料ブログはココログ