最近のトラックバック

« 祐トート梅芸初日 その2 | トップページ | エリザベート 1月17日 マチネ »

祐トート梅芸初日 その3

涼風エリザ。
前回観た博多に比べるとかなり強くなりました。
私が踊るときの涼風さんは全く違っていたと思います。
うまく表現出来ないけれど、どう?とトートをからかうようなエリザにも思えました。
次回要チェックです。
以前より自分の自我を出すエリザベートとなってました。

綜馬フランツ。
苦悩に満ちた皇帝の綜馬さん、と思っていましたが、エリザを見初めたときの初々しさ、どきどきしましたhappy01
青年フランツ、要チェックです。

浦井ルドルフ。
闇は広がるで最初正面だったので、『トートがもうすぐ下手から登場するんだけれど、でも浦井くんが前に居るし目が離せないし』と嬉しい悩みを抱えていました。
次回からどうしたらいいのでしょうか…
熱い拍手が満足を物語ってました。

エルマーの中山さん。
私の中では"フロッグとトード"のトカゲさんなのですが
博多のときより熱いエルマーになっていました!
もっと熱いエルマー期待してます。

全体的にまとまっていたと言う訳ではなかったとは思いますが、キャストの情熱が伝わってくるエネルギーの凝縮した舞台だったと思います。
久しぶりにエリザがしみいりました。
初日特典の葉書をもらい、ろっくのファンクラブの申し込み用紙をもらい、気分は大満足でした。

また、ロビーでエリザベートもしくはハプスブルク家関連の書籍が多種類並んでいました。
非常に嬉しかったので、1冊購入してしまいました。
次回行ってもまたなにかしら買ってしまいそう。

« 祐トート梅芸初日 その2 | トップページ | エリザベート 1月17日 マチネ »

観劇」カテゴリの記事

コメント

3回に渡り初日レポありがとうございます。
バーチャルにその場に参加したような気分になれました(^_^)。

トート閣下のマント投げが前方なのは、後ろに投げたら自分でかぶっちゃうかも知れないから?いや、そもそも投げる必要はあるんだろうか?と思いながらいつも観ていました。
宝塚版も含めて、マントをただ床に脱ぎ捨てるトートはいても、あんな豪快にばさっと投げてるトートはほかにいないらしいと聞いたのですが、本当でしょうか。

マイヤーリンクの「キーン」は、私も全く同じ効果音を付けていました。あのポーズ以外だと、あとはゾンビ風襲撃ポーズしか思いつきません(笑)。

>いや、そもそも投げる必要はあるんだろうか?

確かに、そうですよね〜
そこまで思いが至りませんでした。
どう投げたらかっこよくなるかなと歯がゆく観てました。
宝塚版はわかりませんが、内野トートは投げてなかったように思います。(でも本当のところあまり覚えてない)

"キーン"賛同いただける方がいて驚きの反面嬉しいですhappy01
おしかりをうけたらどうしようと思いながら書いてました。
>ゾンビ風襲撃ポーズ
えっ、それはcoldsweats01


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1053310/27032961

この記事へのトラックバック一覧です: 祐トート梅芸初日 その3:

« 祐トート梅芸初日 その2 | トップページ | エリザベート 1月17日 マチネ »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

エリザベート

エリザベート検定

にくきゅう

無料ブログはココログ