最近のトラックバック

« ラ・カージュ・オ・フォール 1月17日 ソワレ | トップページ | エリザベート 1月27日 ソワレ »

エリザベート 1月27日 マチネ 

気力はたいそう充実しているのですが体力が少々きついです。が、記憶が薄れないうちに勢いでいきます。
マチネは上手でした。

綜馬フランツ。
お見合いのところでは、一目で恋に落ちたというのがついつい「ふふ」と笑ってしまうほどよくわかります。きっとそれまでの人生で出会ったことのないタイプだったのではないのかな?
真面目な皇帝フランツは自分にはないものを感じて夢中になったのかな?と思いつつ観てました。
そして最後通牒。
歌いだした瞬間「あ、フランツ泣いてる?と感じました。切々と語りかけるフランツに、黙々とペンを走らす涼風エリザ。いや気持ちはわかるけれどかなり冷たい仕打ちなのでは…

そして本日のトート閣下。
やっぱり愛と死の輪舞は何度みてもため息。
紫のライトの中でトートダンサーに囲まれて佇むトート閣下、綺麗としか言葉が出ません。
この世の者ではない空気が劇場を支配します。
ここはあまり前ではなく、少しひいた全体が見える座席が好きですね。
そしてゆっくりと振り向く閣下。
まるで一人だけ盆に乗っているみたいになめらかな動きです。
そして歌声で一気に世界へ引きずりこまれます。
ここ、今期の歌い方いいですねheart04

最後のダンスで、ん?違う、いつもと違うと違和感を感じた歌い方のところがありました。
えっ?ひょっとして調子悪いのかな?
のばすところもあっさりめだったし、早々に裾をひるがえして去っていったし。ひるがえし方もあっさりとしてたし。
などといらぬ心配をしましたが、ソワレではいつもの歌い方だったと思います。(実はマチソワ)
ホッと安心happy01

闇は広がる。
上手ということは浦井くんが正面。
またまたどっち観ればいいのという葛藤がありました。
聴きごたえありますねhappy01
「王座に座るんだー」←ここ非常に気持ちいい。
ヘンな電子音が無くなってホントに嬉しいですhappy02
また最後に手でふわっと空気を包みながら浦井くんの腕を握る動きが好きです。
そしてどうぞ〜noteとばかりに馬車に導くトート閣下。
ここから、時に冷笑をうかべているような、少しちょっかいだして遊んでいるようにもみえるトート閣下いいです。
ルドルフが必死になっているのをみればさらにそう思えます。←なかなかひどい感想sweat01

悪夢は少し、けだるそうな閣下でした。
ちょっと操ってみただけなんだけど、と、フランツの訴えも意に返さない死神トート。
書いていたら実はひどいな…
でもその日常茶飯事みたいな超越感が好きです。←なにいってるんだかわからなくなってきましたcoldsweats01

« ラ・カージュ・オ・フォール 1月17日 ソワレ | トップページ | エリザベート 1月27日 ソワレ »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1053310/27587448

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベート 1月27日 マチネ :

« ラ・カージュ・オ・フォール 1月17日 ソワレ | トップページ | エリザベート 1月27日 ソワレ »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

エリザベート

エリザベート検定

にくきゅう

無料ブログはココログ