最近のトラックバック

« エリザベートカテコ動画! | トップページ | 篤姫第33回 »

篤姫第31回,32回

見てはいたのに、エリザが始まって、気分はエリザモードになって後回しになっていましたcoldsweats01

第31回
父、斉興さまがお亡くなりになったのをみて、"執念"という言葉が浮かび、化けてでそう‥と思いながらも、きっと忠教さま出番だわ♪と雑念だらけの私。
座っても後ろ姿がビシッ!と美しいな〜と。

幾島の「公方さまに、村岡殿の事を頼んで欲しい」という意見より、滝山の「それは私事なので公方さまにお頼みするのはどうか…」とい意見を選んだ篤姫さま。
自分の事、薩摩の事より、徳川家としてどうかというスタンスがよりいっそう際立ちました。

幾島が、「もうお教えすることはございません」と言うのを見て、これもある意味幾島の『役割』だったのか‥と。
ただ、役割というキーワードは出てきませんでした。
役割と割り切るのにはあまりに密接な、感情のある結びつきだったのかなと思い、予想どうり、涙ぐんでました。

第32回
忠教さまに小松帯刀が率直な意見を述べるあまりにまっすぐな目、それを真っ向からうけとめて、悩む忠教さま。
言葉には出てない、帯刀の思い、それを受け止める忠教さまの表情。
いい場面でした。
帯刀には、この苦境をなんとかしてほしい、どうにかしてもらえるという、忠教さまに対する信頼がうかがえ、それに対してガッツリと向かい合っているのは主従としての絆がしっかりと出来たのでしょう。

また井伊さまと、天樟院さまが茶の湯をたしなみながら、意思疎通を図る場面。
井伊直弼は私のイメージとしては、時代に逆行して強行に自らの政策を押し進め、時代の波にのまれて倒れた人という人物像だったのですが、梅雀さん演じる井伊さまをみているとそんな単純なものではないと思えてきました。
井伊さまの立場から物事を考えると、また違った側面が見えるのではないかと、考えさせられました。

大奥のひな祭りの無邪気で楽しげな様子と、井伊大老の暗殺の場面の対比が、はかなくうつくしかったです。後々まで心に残る場面となりました。
来週が楽しみです!

FCの葉書、お便り届きました。
10月無事に行けますように‥

« エリザベートカテコ動画! | トップページ | 篤姫第33回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1053310/22851995

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫第31回,32回:

» nhk 大河ドラマ 篤姫 [亀]
ドラゴンクエストVドラゴンクエストV ビアンキ 「幾島」役の松坂さん“里帰り” 来月6日、「篤姫」講演南日本新聞篤姫に続いて「幾島」も里帰り-。大河ドラマ「篤姫」で老女の幾... [続きを読む]

« エリザベートカテコ動画! | トップページ | 篤姫第33回 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

エリザベート

エリザベート検定

にくきゅう

無料ブログはココログ